キリシタン灯篭

千利休亡き後、天下一の茶人になった古田織部(1544~1615年)。名古屋城築城後、数奇屋普請を行った時、加藤図書助の館に滞在。その当時、好んで造らせた織部燈篭が、名古屋城の猿面茶席や神戸文左エ門の庭にあったことが、江戸時代の随筆に出ている。十字架をデフォルメしたようにも見えるこの燈篭は、脚部に地蔵のような像を浮き彫り、隠れキリシタンがひそかに拝んだ「マリア観音」とも言われるが、諸説紛々。織部愛好の燈篭として後年の模作が山ほどある。赤塚神明社に一基あるが真偽は別にして間違いなくキリシタン燈篭である。一部分修繕してあるが社務所裏に立っている。

Share this Post:
Digg Google Bookmarks reddit Mixx StumbleUpon Technorati Yahoo! Buzz DesignFloat Delicious BlinkList Furl

No Responses to “キリシタン灯篭”

Leave a Reply:

Name (required):
Mail (will not be published) (required):
Website:
Comment (required):
XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>