『節分祭の開催』

令和2年2月3日(月)13時から17時  受付終了は16時30分です。 『節分』とは 、季節の節目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいい、年に4回あります。特に立春の前日の節分は、大晦日に相当する大事な日とされ、節分といえばこの日をさすようになりました。 御祈祷をされた方に「ぜんざい」の、おもてなしがあります。 『豆まき』季節の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられており、鬼は邪気や厄の象徴とされ、形の見えない災害、病、飢饉など、人間の想像力を越えた恐ろしい出来事は、鬼の仕業と考えられてきました。鬼を追い払う豆は、五穀の中でも穀霊が宿るといわれる大豆です。炒った豆を撒いて邪気を払い、そのあと1年間無病息災で過ごせるよう、数え年のぶんだけ福豆を食べて無病息災を願う行事です。全部食べきれないという方は、梅干し、塩昆布、豆3粒を入れた「福茶」を飲む方法もあります。 『恵方巻』は、その年の恵方を向いて丸かじりすると願い事が叶い、無病息災や商売繁盛をもたらすとされる縁起のよい太巻きです。恵方巻には、縁起よく七福神にちなんで7種類の具を入れ...

『厄除祭の開催』

2月11日(火・祝日)10時30分から30分ごとに3回、御祈祷を執り行います。 「厄年」は運気が下がり、災難や不幸が身に降りかかりやすい年とされ、神様のご守護により、その年を無事に過ごせるよう祈願するのが「厄除け参り」です。 厄除けとは、古来より、男性は数え年の25歳・42歳・61歳、女性は19歳・33歳・37歳・61歳が厄年とされています。特に、男性42歳と女性33歳を大厄と言います。また厄年の前後1年ずつに、それぞれ前厄、後厄があります。この時期には、非常に災厄が多いとされていますので、昔から身を慎み、健康に注意するとともに厄落としをして災難に遭うのを防ぐ習慣があります。長い人生半ばの大きな節目として、十分に自覚を持って、健康に注意して毎日を過ごすよう心がけたいものです。厄年を迎え、厄落としをしたい場合は、氏神様にお参りし、無事を祈願することが良いと思われます。

豆まきに、お越しください。

主な行事予定

<令和2年> 祈 年 祭   2月17日(月) 午前10時から 天皇誕生祭   2月23日(日・祝日) 午前9時から 夏越大祓神事  6月30日(火) 午後5時から15分位 茅輪・赤丸神事 7月30日(木) 午後5時から8時                   夜店出店します 大祭前夜祭  10月15日(木) 午後5時から8時                   夜店出店します 大   祭  10月16日(金) 午前10時から 七 五 三 祭  11月15日(日) 予約制 新 嘗 祭  11月23日(月・祝日) 午前10時から 年越大祓神事 12月28日(月) 午後1時から <令和3年> 初   詣   1月 1日(金・祝日) 大晦日夜から 歳 旦 祭   1月 1日(金・祝日) 午前8時から 節 分 祭   2月 2日(火) 午後1時から4時30分   ※令和3年の節分祭は、2月3日ではありません。 厄 除 祭   2月11日(木・祝日) 午前10時30分から3回

ご 報 告

令和 2年1月15日、秋葉社祭を執り行いました。 初詣には、多くの皆様方にお越しいただきましてありがとうございました。 令和 2 年1月1日、歳旦祭を執り行いました。 令和 元 年12月28日、年越大祓神事を執り行いました。 令和 元 年12月8日、愛知県主催の新天皇奉祝祭に参加いたしました。 令和 元 年11月23日、大嘗祭(新嘗祭)を執り行いました。 令和 元 年11月15日、大嘗祭に先立ち氏子総代のみによる特別大祓神事を執り行いました。 令和 元 年11月15日、七五三祭を執り行いました。 令和 元 年 11月3日、『歩こう!文化のみち』のスタンプラリー拠点として多くの皆様方においでいただきました。 令和 元 年 11月1日、山神社祭を執り行いました。 令和 元 年 10月22日、即位礼祭祀をに執り行いました。 令和 元 年 10月16日、大祭を執り行いました。なお 15日に前夜祭を執り行いました。 令和 元 年 10月1日、10月としては記録的に暑い中、金刀比羅社祭を執り行いました。 令和 元 年...