2月, 2014Archive for

祈年祭のご案内

二十四節気の一つである立春が過ぎ春の気配を感じられるようになりました。二月前半といえば、一年中で最も寒い時期にあたります。とはいえ、この頃から空はしだいに明るさを増していき弱弱しかった冬の太陽にも新しい光が満ち木の芽がかすかにふくらみ始めてきたりと、春に向けて明らかに自然に力が蘇ってきています。農作業の開始時期にあたって五穀豊穣と国家の繁栄を祈願する祭りが宮中はじめ全国の神社で執り行われています。奈良時代からの伝統あるお祭りで、「春まつり」とも称されております。古代社会では稲作が中心でしたが、現代では諸産業が様々に発展している為、あらゆる産業の発展と国力の充実を祈願しています。 赤塚神明社では、2月17日午前10時より祈年祭を粛行致します

厄除祭のご案内

人生の節目を安全無事に乗り越えていくことを願い、合わせ、様々な災厄を乗り越えてきた末の長寿を祝う神事です。これまでの加護を神様に感謝し今後の健康と更なる長寿を祈ります。人生は山あり谷あり、古くから人々は特に気をつけなければならない年回りを「厄年」と呼んできました。中でも男性の42歳、女性の33歳は万事慎むべき「大厄」とされます。この年齢は現代でも人生の大きな転機を迎える年回りです。厄年については、いろいろな諸説があります。一番よく語られている説は、一生の内で一番災難に遭う恐れが多い歳だといわれています。無事を願い健康で過ごせますよう皆様の参拝をお待ちしております。 ★ご予約はご町内氏子総代または神明社社務所までお申し込みください。 期日:2月11日(火)午前10時30分~午前11時30分 ご祈祷料:お一人様 2,000円